フェイシャルエステとスキンケアの化粧水

皮膚の乾きを感じやすい女子は多く、自分で素肌にスキンケアをしても、なかなか乾きが収まらないことはあります。それは肌へのお手入れが少し足りないこともありますし、環境的に乾きやすいということもあります。名古屋人の私たちが素肌への思いやりを考えると、自分のお手入れだけであれこれと悩まないで、フェイシャルエステを受けるというのは正しいケアになります。エステサロンで受けるフェイシャルは、なぜあんなにうるおいがでるのかを紐解いてみましょう。

フェイシャルエステでのお手入れのかなめになっているのは、エステティシャンが丁寧に肌へと浸透させる、化粧水の存在が大きいです。確かにプロのエステティシャンが施すマッサージも大事、高級な美容クリームもエステサロンならではです。最初に何を肌が求めているのか、ここを考えてみたときに必要となるのは、素肌は乾いているために、水分を求めているということ、それをエステサロンのエステティシャンはよく知っています。

自宅でもローションケアはできますが、その方法自体がプロとは違います。軽く一回だけ肌に塗布して乳液では、素肌への浸透には至らないことが多く、その結果としてセルフの保湿は乾きやすいことになります。エステサロンではプロのエステティシャンが、お客さんの肌状態をしっかりと確認をして、必要なお手入れをすることができます。乾きやすい肌にはエステの化粧水を、惜しむことなく数回に分けて塗布をして浸透させていきます。